ページ内を移動するためのリンクです。

平河出版社の本

ここからメインコンテンツです。

矢沢利彦

  • 北京四天主堂物語もう一つの北京案内記

    矢沢利彦=著

    16世紀のマッテオ・リッチの入国、義和団事件等、中国の近・現代史に登場する四つの天主堂をめぐるもう一つの北京案内記。本邦初訳のファヴィエ神父の「北堂籠城記」を掲載。

    製作年度:1987

    判型:46判上製

    ISBN978-4-89203-136-6

    本体2,500 円

  • 東西暦法の対立清朝初期中国史

    アドリアン・グレロン=著 矢沢利彦=訳

    1667年、康煕帝は、中国暦法および回教暦法を、宣教師がもたらした西洋暦法と競争させた。その結果は? 東西交渉史の第一級の資料を駆使した労作。

    製作年度:1986

    判型:46判上製

    ISBN978-4-89203-107-6

    本体2,300 円

ここからフッターです。