ページ内を移動するためのリンクです。

平河出版社の本

ここからメインコンテンツです。

D.M.ラウプ

  • ネメシス騒動恐竜絶滅をめぐる物語と科学のあり方

    D.M.ラウプ=著 渡辺正隆=訳

    恐竜をも一掃した大量絶滅は、周期的に地球を襲ってきた! ネメシス説誕生の土台をつくり、グールドに“今、世界でいちばん輝いている古生物学者”といわれたラウプが明かす、隕石衝突論争の実態。

    製作年度:1990

    判型:46判上製

    ISBN978-4-89203-179-3

    本体1,942 円

  • 大絶滅遺伝子が悪いのか運が悪いのか?

    D.M.ラウプ=著 渡辺正隆=訳

    長い地球の歴史の上で、99.9%の生物種が絶滅してきた。進化史において生死を決定したのは、必然か偶然か。古生物学界の異才ラウプがコンピューターを駆使してその謎に迫る。

    製作年度:1996

    判型:46判上製

    ISBN978-4-89203-265-3

    本体2,400 円

ここからフッターです。