ページ内を移動するためのリンクです。

平河出版社の本

ここからメインコンテンツです。

インド・チベット

  • カタカリ万華鏡

    河野亮仙=著

    生と死、愛、神々、永遠などのテーマを豊かな表現力で舞うインド舞踏のフィールドワーク。カタカリ舞踏劇をはじめ、華麗な舞い、土俗的な踊りなど、多種多彩な芸能が登場する。

    製作年度:1988

    判型:46判上製

    ISBN978-4-89203-148-9

    本体2,500 円

  • 北インドの昔語り

    坂田貞二=編/訳

    時代を超えて語り継がれた昔話。そこに託された人びとの夢と笑いが、北インドの香りとともに甦る。現在もなお暮らしの中に息づく珠玉の10話を現地で採録し、口承のロマンの再生を図る。

    製作年度:1981

    判型:A5判変型上製

    ISBN978-4-89203-041-3

    本体1,500 円

  • 遊女の手引きクッタニー・マタ/遣手女の忠言

    ダーモーダラグプタ=著 田中於莬彌=訳/著

    8世紀のインドの高級遊女を指南する色道伝授の奇書。当時の風俗・習慣を背景に、サンスクリット文法論や、神話・伝説・風刺に満ちた人生訓など多くの要素を含んだ叙情詩。

    製作年度:1985

    判型:46判上製

    ISBN978-4-89203-097-0

    本体2,000 円

  • インド・人間

    山折哲雄=著

    シャカを生み、ガンディーを育んだ母なる大地に足を踏みしめ、悠久のガンジスを眼にした時に書き綴った旅日記。透徹した思考は、ガンディーを、インドを、日本を超え、人類史的展望に立つ。

    製作年度:1980

    判型:46判上製

    ISBN978-4-89203-036-9

    本体1,500 円

  • ヌンの海から来た人々ナイルの民とインダスの民

    石上玄一郎=著

    ナイルの民とインダスの民は、あらゆる生命がそこから生まれ、また帰って行くという「ヌンの海」から来た民であった。作家石上玄一郎が様々な角度から「謎の海ヌン」とはどこかを推理する。

    製作年度:1988

    判型:46判上製

    ISBN978-4-89203-149-6

    本体2,300 円

ここからフッターです。